喫茶店「ショパン」で限りなく日常に近い非日常の体験を。

 

161004_scrapandbuild3641

 

Model/Hayate
Contact – Model Agency Friday(http://fridayfarm.net/hayate

Photography/Tomofumi Usa Edit & Text/Eisaku Sakai Title Design/Fusao Okaguchi

 


 

わざわざ喫茶店に行く理由とはなんだろう。

 

 

美味しいコーヒーがあるからなのか、貫禄のあるマスターがいるからなのか、それとも、レトロな内装が目新しく映るからなのか。

 

 

おそらく、そのすべてなのだと思う。

すべて、と言ってしまうと、ちょっとずるい気もする。

ならば、こう言い換えよう。

喫茶店に行くのは”空気感”を楽しみたいからだと…。

 

 

なにかひとつ取り立てて良いものがあるというわけではなく、

すべてが組み合わさって香ってくるような空気感を感覚的に味わうこと。

そういう作法で喫茶店を楽しんでもいいんじゃないだろうか。

 

 

話は飛んでしまうけれど、毎年開催される大規模な夏フェスや、完璧なファンタジーの世界観を作り上げるディズニーランドへ足を運ぶこともまた、普段過ごせない圧倒的な非日常の空気感を求めているからこそだろう。ただ、毎週ディズニーランドへ通うのはさすがにムリだ。

 

 

それなら、限りなく日常に近い非日常な場所へ足を運ぶのはどうだろうか?

気が向いたときに、珈琲1杯分の非日常を味わう。そんなふうに、少しだけ日常から逃避する。

喫茶店は、ささやかな非日常を体験するのに、うってつけの場所だ。

 

 

 

本日訪れたのは、東京は淡路町にある喫茶店「ショパン」。

ビジネスマンが行き交う大通りから一本外れた静かな場所にひっそりと佇む同店は、創業昭和8年。80年以上の歴史を持つ老舗だ。

 

161004_scrapandbuild3727

161004_scrapandbuild3739

 

オープン直後に訪れたにもかかわらず、すでに数名の常連らしき人たちがお店を賑わせていた。

BGMは、もちろんクラシックのショパン。日常から一歩離れた空間へと足を踏み入れる。

 

161004_scrapandbuild3709

 

オーダーしたのは「コーヒーとアンプレス」。

 

アンプレス? 名前だけでは、ピンと来ないかもしれない。その正体は、あんこが入ったトースト。なんともシンプルな組み合わせだが、3度塗りしてじっくりとトーストに染み込ませたバターの塩味と素朴なあんこの甘みが絶妙なバランスなのだ。

 

161004_scrapandbuild3666

 

コーヒー。

ブルーボトルコーヒーなどに代表されるサードウェーブコーヒーの原点というだけあって、しっかりと酸味の効いた味がする。

 

よくある紙カップではなく、陶器のカップなのも嬉しい。そうすると、より一層、ゆっくりと味わって飲んでみようという気になるから不思議だ。

 

それに、品のあるデザインも良い。老舗ならではのセンスに少し背伸びした気分が高まってくる。

 

161004_scrapandbuild3627

161004_scrapandbuild3659

161004_scrapandbuild3638

 

東京でゆっくりとタバコを吸える場所が減ってきた。

あらかじめ用意された無味乾燥な喫煙スペースでタバコを吸っていると、だんだんと窮屈な気持ちになってくる。

 

願わくば往年のムービー・スターのように、煙を燻らせながら、コーヒーを飲んでみたい。

喫茶店は、そんなささやかな願望を叶えてくれる数少ない場所だ。

 

年季の入った木製の大きな灰皿が良い味を出していた。

 

161004_scrapandbuild3682

161004_scrapandbuild3677

161004_scrapandbuild3644

 

外界から隔絶された空間に流れる時間は、どんなことにも新鮮な気持ちで向き合うことのできた頃のどこか懐かしい感覚を呼び起こさせる。

 

路地裏の扉を抜け、じっくりと時間をかけて、ささやかな非日常を体験する。

そんなふうに毎日を過ごすなかで、付かず離れずの距離感を保って付き合っていくような場所として喫茶店があるのだと思う。

 

もし、あなたが過ごす日々に新鮮味を感じられなくなったのだとしたら、最寄りの喫茶店に行ってみるといい。

古くて新しい空間のなかで、あなただけの小さな発見を見つけることできるはずだから。

 

161004_scrapandbuild3705

 

<ショパン>
住所:東京都千代田区神田須田町1-19-9
TEL:03-3251-8033
営業:[月〜金8:00~21:00]、[土]11:00〜21:00